watav[ワタビ]|今週末オススメのイベント情報が見つかるイベントキュレーションアプリ

イベントキュレーションアプリ「ワタビ」

  • アート

まなざしの洋画史

0 人が気になる

気になる

開始

2017.04.22

(土 )00:00

終了

2017.07.02

(日) 00:00

開催場所

栃木県宇都宮市桜4-2-7

2018年に開館30周年を迎える茨城県近代美術館のリニューアルオープンを前に、茨城県近代美術館と栃木県立美術館の所蔵する洋画の名品を結集した展覧会を開催します。
ターナー、コンスタブルら19世紀イギリス美術やルノワール、モネ、シスレー、ピサロらフランス印象派を中心とした西洋絵画の特集展示を皮切りに、明治時代に日本洋画の礎を築いた高橋由一や黒田清輝、激動の大正・昭和に国家や個人の間で揺れ動いた中村彝、佐伯祐三、松本竣介、戦後の画壇で活躍した斎藤義重、白髪一雄ら日本を代表する洋画家たちによる約100点の名品の数々により、個人と社会、人生と世界を見つめ続けた洋画家たちのまなざしを追いかけます。
近代以降、激動の時代の中で洋画家たちは何を見つめ、いかに描いたのか。画家たちのまなざしと、描かれた人物のまなざしと、観る者のまなざしが交錯する時、華々しくも繊細なひとつのヒストリーが紡がれることでしょう。
[関連企画]
◆担当学芸員によるギャラリー・トーク
日時:4月22日(土) 午後3時30分~
5月14日(日) 午後2時~
6月25日(日) 午後2時~
(60分程度)
会場:企画展示室(事前申込不要)
◆講演会「意識の近代化と近代洋画の“れきし”」
講師:小泉淳一氏(茨城県近代美術館美術課長)
日時:6月3日(土) 午後2時~(90分程度)
会場:集会室(事前申込不要、聴講無料)

引用元ページ