watav[ワタビ]|今週末オススメのイベント情報が見つかるイベントキュレーションアプリ

イベントキュレーションアプリ「ワタビ」

  • アート

驚きの明治工藝

0 人が気になる

気になる

開始

2017.04.22

(土 )00:00

終了

2017.06.11

(日) 00:00

開催場所

埼玉県川越市郭町2丁目30-1

 江戸時代、徳川幕府による安定した政権のもとで、日本の工芸は技術的に大きな発展を遂げました。特に金工、漆工の分野では、造形、装飾に写実が意識され、様々な材料を使用し、技芸を尽くした作品が作られました。江戸から明治に時代が移ると、将軍家や大名の後ろ盾を失った工人たちは、明治政府の殖産振興、外国への輸出政策によって、新たな制作の方向を見いだすようになります。江戸時代に培われたその技術は、表現力をよりいっそう高め、外国における博覧会で絶賛されるに至りました。
 宋培安(ルビ:ソンペイアン)コレクションは、台湾在住の漢方薬剤師である宋氏が収集した日本工芸の一大コレクションです。その数は3,000点にも及び、明治工芸のもととなった江戸末期の技巧を凝らした作品から、明治時代を中心に昭和初期頃までの、漆工、金工、陶磁、七宝、染織とすべてのジャンルを網羅しています。
 本展ではコレクションの中から現在、日本国内では見る機会の少ないビロード友禅や、全長3メートルもある世界最大の龍の「自在置物」、羽の質感まで本物そっくりな蝉の彫刻など、細密・写実的な表現で魅力を放つ作品約130件を紹介します。誰もが驚く超絶技巧から、目利きも思わずうなる精粋の逸品まで、職人の技が光る明治工芸の美を、この機会にぜひお楽しみください。

引用元ページ